イギリスのベーデンパウエルによって始められた、健全な青少年の育成を目的とした世界的な社会教育運動。ボーイは少年であり、スカウトは先駆者、道のない所に道を発見して進む人、と言う意味で、世の中の開拓者、自ら率先して人生を切り開いて行くパイオニアを表しています。この名前は世界共通です。
 
ベーデン・パウエル(Robert Stephenson Smyth Baden Powell/B-P)
 ボーイスカウト運動の創始者。1857年2月22日、ロンドン生まれ。1907年7月29日、21人の健康な少年を選び出し、ブラウンシー島での「実験キャンプ」を実施し(実際に参加したのは20名の少年)その時の体験を元にして書いた物を、その翌年1908年に「スカウティング・フォア・ボーイズ」と言う本にして創刊号を発刊しました。この本は創刊直後から少年たちの大ベストセラーになり、少年たちはその方法に従って自分たちで班を作り、ボーイスカウトとしての活動を自発的に始め、現在に至っています。今でも2月22日をBP(ビーピー)祭としてスカウトたちとボーイスカウトについて話し合う日としています。
 
  
 ボーイスカウト運動は、ちかいとおきての実践を基本とし、ベーデンパウエルの提唱する班制教育と進歩制度と野外活動を幼年期より青年期に渡る各年齢層に適応する様にビーバースカウト、カブスカウト、ボーイスカウト、ベンチャースカウト及びローバースカウトに分け、成人指導者の協力によってそれぞれに即し、しかも一貫したプログラムに基づいて教育することを基本方針とします。
 
 
<スカウトのちかい>
 入隊に際して、ボーイスカウトは、次のちかいをたてます。
私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。
1.神(仏)と国と誠を尽くしおきてを守ります。
1.いつも、他の人々をたすけます。
1.からだを強くし、心をすこやかに、徳を養います。
 
スカウトは各年齢によりビーバーカブボーイベンチャー、ローバーに分かれます
 
 
ビーバースカウト(Beaver Scout/BVS)
   年長の9月から小学2年の8月まで 
     年長の9月から小学1年8月まで   ビーバー
     小学1年9月から小学2年8月まで  ビッグビーバーと呼びます。

  活動の狙い
     みんなとともに仲良く遊ぶ
     自然に親しむ
     楽しみや喜びを分かち合う

  ビーバースカウトのモットー
     「なかよし」
 
 
カブスカウト(Cub Scout/CS)
   小学2年の9月から小学5年の8月まで
     小学2年9月から小学3年8月まで    うさぎ課程
     小学3年9月から小学4年8月まで    しか課程
     小学4年9月から小学5年9月まで    くま課程

  活動の狙い
児童期におけるギャング年代の少年たちの発達に応じて、必ず身につけると良い特質、すなわち、良い社会人としての基本を修得させ、それを次の成長段階であるボーイスカウトへとつなげて行くことを目的とします。

モットー「いつも元気」
 
ボーイスカウト(Boy Scout/BS)
   小学5年9月から中学3年8月まで

  スカウティングの目的 
少年にとってはゲーム、大人の側では「ゲームを通じての教育」。より良い社会人となるための教育を行う事を目的としたゲームであり立派な品性、強靭な身体、器用な技能、他の人々への奉仕、といった良い社会人として持つべき資質を養うもの。社会に役立つ心身共に充実した意欲的な「人づくり」の活動、それがスカウティング

 スカウティングの方法

活動の狙い

 ベンチャー隊は3名以上、最大20名程度で編成する。ベンチャー隊はスカウトの課題挑戦形態として活動チームを編成する。活動チームは課題終了時に解散する。幅広い分野にわたる活動や専門的活動を展開する場合は、それぞれの援助を得て、地区や県連盟にまたがる活動チームを編成することが出来る。ベンチャースカウティングは隊及び活動チームの仲間とともに高度な体験を、自ら企画し、実行することによって自己の特性を伸ばし「自分で考え、自分で行動し、自らに責任を持つことにできるスカウト」を育てるものである
  
このページのトップへ